読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさん、魔女になる

地方に住む中年女性の日記

女は花である

 

 


こんにちは、甘露です。
 
 

私が初めて買ったCDは、観月ありさの『伝説の少女』でした。
懐かしの8cmシングル。
 
楽曲も素晴らしいのですが、何より当時の観月ありさの容姿の美しさに射抜かれました。初めてテレビで彼女を見た時の衝撃といったら!!!
同じ日本人で、こんなに美しい女の子がいるなんて。そこにシビれる!、あこがれるゥ!
 
毎日聴き、CDジャケットを眺めては、うっとりしていました。
 
 
世間でよく言われる様に、女性は花です。
例え容姿は微妙だろうと、やっぱり花なものは、花なのです。
 
私は女性ですが、街で可愛い女性を見かけたら、夫と一緒になって、パンチラしねーかなーと願っちゃうものです lol
 
どうせ花なら、その人なりの美しさをたたえた花になりたいもの。
無事に中年になった今思うのは、もっと世の中に美しい花が増えて欲しい、もっと私に美しさを見せびらかせておくれ!!!という事。
 

 
 
もし、貴女に花として生きる覚悟がおありなら、まず、花らしく装う事が大切でしょう。
特に、これから男性を惹きつけたいと考えている女性なら、尚更です。
 
そのままの私を好きになって!!!は、戯言ですね。かと言っておかしな自分磨きは禁物です。
 
自分の好きな服を着ましょう
自分の好きな物を食べましょう
 
何より、自分を愛しましょう
 
それだけの事の様な気がします。

 

自分が自分を愛せないのに、
『私は私の事全然好きじゃないけど、 あなたは私の事好きになって!  そして私に自信を持たせて!』
なんて言う愚の骨頂女子の多い事多い事。
あーしてくれ、こーしてくれ、クレクレ星人かよ!
それは何て相手に失礼な事なのかを自覚しましょう。
 
VIVA 自分♡ 
私は本気で夫に、
『私と結婚できるなんて、ダーリンは宇宙一幸せだね!』と言います。
そう言い切って、そう思い込んでしまえば、結果がちゃんとついてくるんだから、面白い。
 
 
自分を愛でタプンタプンに満たして下さいね。
そこから溢れた水こそが、みんなを幸せにするでしょう。
 
 
では、今日はこれにて。
 
Have a nice day!